タイヤ交換をする値段はインチによって違う

男性

タイヤ交換で必要な料金

車に乗る男性

硬いゴムで作られている車のゴムでも寿命はあります。ゴムは約1年から2年も使用していると摩耗によって使えなくなることがあります。ゴムの製造年月日はタイヤの側面に記載されているので確認しておきましょう。製造メーカーやタイヤの構造によっても耐久性は異なり、耐久性に優れているタイヤであれば4年や5年経過していても問題ありません。しかし、車の保管状況次第では1年程度で劣化してしまう場合もあるのです。また、タイヤの空気の管理も寿命に大きく影響してきます。空気圧が足りていない状況であれば、常にタイヤは潰れた状態になっています。その状態のまま走行しているとサイドウォールと言われているタイヤ側面部分にヒビが入ってきて危険です。そのまま走り続けていると空気が漏れ、最悪の場合はバーストすることにもなりかねません。ヒビ割れは摩耗によってほとんど溝が残っていないという状況であれば、速やかにタイヤ交換を行ないましょう。タイヤ交換をする場合、交換をする店舗でタイヤ交換をすることで値段が安くなることもあります。4本セット購入した場合はそれによって受けられる特典を用意している店舗もあります。特典の内容としては窒素ガス充填が無料であったり、パンク修理が無料、タイヤローテーションで無料で1回数行なってくれるといった特典を受けることが可能です。
タイヤ交換でかかる値段は軽自動車であれば1本辺り約1000円ほどです。乗用車やSUVなどの車は約2000円から3000円ほどの値段で倍近く異なります。店舗によっても異なりますが、交換の値段の中には他の店舗でオプションで発生する窒素ガス充填や、バランス調整などの値段も込みで行なっていることもあります。